プライベートレッスン 2回目

今日は、ドッグトレーナーさんの講習2回目でした。1回目から時間が経ってしまっていたため、フィガロは再びバウバウと吠えまくりました。「首輪は指が2本入ればいいので、しっかり首輪を締めて、あごの下の部分の首輪の中に手を入れてしっかりアイコンタクトを取らせ、ウルサイ!と言ってください。」と指示を受け、その通りにしたところ、フィガロががり~っとカーチャの両腕を引っ掻きました。うぎゃっ。いきなりミミズ腫れ~。
今日は、本当は遊んでいる時にくわえているおもちゃを放させる練習をするはずだったのですが、フィガロがトレーナーさんの存在に緊張してしまい、遊びモードに入れませんでした。そこで、いかにこちらを信頼しているかのテストをしました。座らせて、「マテ」と命令をかけた後、フィガロの周りをぐるりと回ります。ところが、フィガロの後ろへ回る頃になると、「後ろに来ないでよ」と警戒して立ち上がってしまいます。後ろに来させないのは、信頼していない証拠。何度も何度も「マテ」をかけてはリードを引っ張り上げて座らせ、やっと1周りできるようになりました。知らない人ならまだしも、カーチャにもさせてくれなかったので、ちょっとショックでした。
次に、再びあごの下の部分の首輪に両手を下から入れ、「おいで、おいで」と言いながら自分の方に来させます。と、フィガロは嫌がってジタバタと暴れ、おしまいにはまた前足をカーチャの腕にかけて来ました。こういう時は、フィガロはカーチャの命令に対して激しく抵抗しているので、厳しく叱って従わせないといけないそうです。この2つの練習で、いかにカーチャを100%信頼して服従する、というしつけの基本ができていないかが分かりました。
あと教えてもらったことは、フィガロは警戒心が強く、気が小さい性格なので、散歩はできるだけ毎日違う場所に行って、色んなところに慣れさせる必要があるということでした。実際、いつもと逆のコースに連れていくと、キョロキョロしてとても落ち着きがなくなります。1歳半を過ぎると学習が悪くなるので、今のうちに色んなところに連れていって下さい、とのことでした。
トレーナーさんに早く慣れさせて、色んなトレーニングができるようにするために、週に2回はしましょう、ということになりました。次回は来週の火曜日です。またレポートします!
c0101713_20123241.jpg

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ←参加し始めました。他にもラブのブログがいっぱい!
c0101713_21301231.gif
←ミミズ腫れの隠し方を知っている方は、ポチリ
[PR]
by figaro-noir | 2007-06-09 20:12 | 1歳まで