吹っ切れました♪

色々な方からコメントでアドバイスや経験談を教えていただいて、それを読んでいるうちに
ふ・・・と思い出したことがあります。

そのお陰で、これからフィガロと過ごす時間の中で、何を大切にすれば良いのか
見えてきた気がします。

スッキリしたー!
c0101713_21121521.jpg


思い出したことというのは・・・

フィガロがまだ1歳になる前のことだったと思います。
(ブログを遡れば分かるのですが、面倒なので割愛!)
近所でツバメの雛が孵っていたので、散歩の帰りに写真を撮りに行こうと思い、
家の前を通り過ぎて、行ったことがなかった踏切の方に行きました。

そうしたら、尻尾が下がって、それまでに見たことがないものすごい力で
家の方向に戻ろうとしたんです。写真を撮るどころか、こちらもずっこけて
引きずられそうなものすごい力でした。

「そんなこともあったっけー。いっぱい引っ張ってるから忘れた・・・かも。」
c0101713_20442765.jpg

その頃、少しお世話になっていたトレーナーさんにそのことを話したところ、
「ではまずは踏切に慣れさせましょう」ということになり・・・
踏切が見える所まで連れて行って・・・
電柱にリードを巻いて、フィガロが抵抗できないようにしました。
(思い出すと涙が出てきます・・・。)

フィガロは何とか頑張ってお座りをしていましたが、こちらも胸が苦しくなる訓練でした。

でも、若いうちに色んなことに慣れさせてやるのが良いのだと思い、
お散歩ごとに、お散歩コースとは逆の方向にある踏み切りまで行き、
電車が1本走り去るのを見たら家に帰る、ということをしました。

結果は・・・フィガロも辛かったと思いますが、こちらも辛くなってしまい、
お散歩に行くこと自体が苦痛になってしまいました。

すっかり思い詰めてしまったトーチャとカーチャは、一体全体、
フィガロが踏み切りに慣れることがそんなに重要なことなのか冷静に考えました。

お友達もできて、気に入り始めていたお散歩コースに行くには、踏切を渡る必要は全くナシ。
仮にお出かけして踏み切りの近くを通ることがあるにしても、そんなに頻繁にある訳ではない・・・。

フィガロに伝えたいこと、フィガロにさせてやりたいことは、お散歩を楽しむことだ!

それで、踏み切り訓練は止めました。

その後、フィガロの生活に何か支障があったかというと、何もありません。
踏み切りが怖いことが分かっているから、こちらも避けるようにしますし、
たまに踏み切りの近くに行くことがあっても、楽しいお散歩に夢中で気にしていない様子です。

******************************

思い出したのは、こんな出来事です。

去勢したのが原因か、年齢的なものかはっきり分かりませんが、フィガロは少し変わった。
前は怖くなかったものが、怖くなった。

「どうして?」「頑張ろうよ。」

・・・というのではなくて、フィガロの変化を受け入れて、フィガロにとっても楽しくて、
他のワンちゃんにも怖い思いをさせなくて済むようなお散歩の仕方を模索すればいい。

ナ、ナヌ?池に入りたい?
c0101713_211173.jpg


う、うむ・・・。では入れー!

「ガッテンだ!」
c0101713_20593563.jpg

初めて会ったそら君。男の子だけど、チューしたい?ヨシッ!

「チュ~。」
c0101713_214686.jpg

うーん、これからどんなお散歩をしていくことになるのか、楽しみになってきました。
それに、成長したのか、変わっただけなのか分からないけれど、(親バカでスミマセンが)
フィガロのことがますます愛おしく感じます053.gif

またカーチャがコマッタコマッタと言っていたら、ご助言下さい。
ありがとうございました001.gif

あと、今日フィガロに興味を示してくれたそら君、ありがとう♪
とっても可愛い、ボール遊びが大好きなそら君でした。
フィガロを遊びに誘ってくれたのに、そっけなくしてごめんネ。
もしまた会うことがあったら、そら君のピンクのボール、破壊しちゃうかも~!
(そういうところこそ、変わってほしいのだが!)
c0101713_21930100.jpg


にほんブログ村 犬ブログ MIX大型犬へ にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ ぽちっとクリックお願いします♪
[PR]
by figaro-noir | 2010-05-14 21:23 | フィガロ3歳